都民相談2万5,000件!現場第一!質問回数No.1 実績NO.1 あなたの声を力に北区&東京改革!東京都議会議員 大松あきら

プロフィール

「大松あきら」ってこんな人

都議会公明党副政務調査会長、公明党北総支部長。
1960年11月、神戸市長田区生まれ。
大阪大学法学部卒。働き盛りの56歳。

幼少の頃より母子家庭で育ち、働く母の背中見て育った大松あきら。 高校時代は野球に打ち込み、控え選手だったが、副キャプテンとして人望がありました。 浪人生活の末、大阪大学法学部に入学。
卒業後は公明新聞への入社を機に東京・北区へ。十条の地で結婚し現在は、妻と娘の3人家族。
故郷・神戸市が被災した阪神・淡路大震災では特別取材班の一員として被災地に駆け付けました。
現場第一の記者生活19年を経て、2005年7月、都議会議員に初当選。3期12年、2万5000件に上る都民相談から生まれた実績は 多彩で、記者時代から変わらない「現場第一」の姿勢に厚い信頼が寄せられています。
声を力に――。都民目線の「東京改革」に情熱を燃やします。

大松あきら Q&A

趣味は?

以前は真空管アンプやプラモデルに熱中。30代の頃は埼京線の版画を彫って、年賀状を作成しました。 細かいことを突き詰めてやるのが好きです。

その他に好きなものは?

演芸も好きです。2代田広沢虎造の「清水次郎長伝」が大好きで、 映画は、キューバ危機を米国がどう乗り越えたかを描いた「13デイズ」がお気に入りです。 10回以上も鑑賞しました。本当に凝り性です。

好きな食べ物は?

スイーツ全般と、麺類ですね。

学生時代に目指していたものは?

真面目な人が報われる社会の実現を目指し、弁護士を志望。 その夢は大学入学後、挫折しましたが、この志は議員になってからも変わっていません。

阪神・淡路大震災での教訓は?

当時の政府の対応は遅く、被災者の皆さまの不安と疲労はピークでした。 そんな中でしたが、私たち取材班も、避難所でのポランティア活動に汗を流しました。 この経験が、議員として防災・減災対策を進める大きな原点となっています。

今後の決意を。

課題山積の都政は今、大きな転換点にあります。 特に首都直下地震も懸念されており、「事前の対策、事後の対応に万全を尽くすとの思いで、 都民、区民の皆さまの安全・安心を守り抜くために、一生懸命、働いてまいります。

大松あきら物語

※画像をクリックすると大きく一コマずつ見られます(右側の“>”で進みます)