都民相談2万5,000件!現場第一!質問回数No.1 実績NO.1 あなたの声を力に北区&東京改革!東京都議会議員 大松あきら

政策・実績

都議会改革の先頭に!― 「東京改革」ビジョン

都民目線で議員報酬にメス!

  • 議員報酬の20%カット
  • 政務活動費を議員一人当たり10万円削減。収支報告書もインターネットで全面公開
  • 交通費代わりに支給される手当を廃止し、実費精算に
  • 永年議員に贈る記念品や肖橡画は廃止

未来のために教育改革!

  • 年収760万円未満世帯の私立高校授業料の実質無償化を2017年度から実施。今後、年収910万円未満まで拡充を促進
  • 無利子入学貸付金を20万円→25万円に2017年度から拡充

子育て支援

実績

待機児童対策で、定員1000人増!

母子家庭で、懸命に働く母親の背中を見て育った大松。それゆえ待機児童の 解消には、熱心に取り組んでいます。都有地を活用し、認可保育所などの増設を提案し、 北区内の定員は2065人増え、2017年7月までには、さらに約1000人増える見通しです。

政策

子育て支援に情熱!

  • 高校3年生までの医療費無料化
  • 中学3年次に胃がんの原因とされるピロリ菌検査を導入

防災・安全

実績

全国初!防災行動計画の運用促進に尽力

1995年1月、大松の故郷・神戸市長田区は、阪神・淡路大震災で壊滅。 だからこそ大松は、暮らしと命を守る防災・減災対策には人一倍の情熱を傾け、 都内でもいち早く、区立小中学校の耐震化100%を達成しました。 また、雨水を一時的に溜める貯留施設の整備など区内の水害対策にも奔走。 荒川氾濫時に自治体や交通機関、住民などがとるべき250以上の行動を時系列でまとめた全国初の大規模な防災行動計画(タイムライン)も促進しました。

政策

防災・減災対策で住民の命を守る!

  • 荒川、隅田川、新河岸川、石神井川などの水害対策や土手・堤防の耐震補強を促進
  • 荒川の氾濫を想定し、住民や通勤・通学客も含めた大規模避難訓練の実施
  • 災害時に避難拠点となる町会や自治会の会館を耐震化
  • 障がい者や高齢者などを優先的に受け入れる「福祉避難所」の充実

土木学会「首都圏低平地防災検討会」座長 土屋信行氏からもエール!

大松あきらさんは、災害や水害に対して、都民・区民の命をいかに守るかという大きな理想を持って活動しています。 そして、地域の課題を見過ごさないという意気込みも感じます。 公明党は広域自治体としての「都」そして国とが連携して情報を共有し、活動している点は、 災害対策を行う上で大きなカになります。大松さんが北区の特性を知り、水害対策を自身の活動の柱に据えていることは、 大変に意義のあることです。

高齢者支援

実績

都営住宅のバリアフリー化25カ所以上

北区にある都営住宅は1万戸以上。住民の高齢化や建物の老朽化が進んでいることから、 年間250件以上の相談が寄せられています。これらの相談に真撃に応えてきた結果、 エレペーターやスロープの設置などパリアフリー化の実績は、これまでに250カ所以上に及んでいます。

政策

シニア世代の応援団長!

  • 元気な高齢者の働く場をさらに拡大
  • 3年問、介護保険を利用していない65歳以上の方に「お元気ポイント」として5000円分の北区商品券を贈呈
  • 運転免許証を自主返納した75歳以上の方に、タクシー券や北区商品券を贈呈
政策

安心・安全・快適なバリアフリー都市へ!

  • JRや地下鉄駅へのホームドアの設置推進
  • 視覚障がい者誘導ブロックの整備促進
  • 無料の公衆無線LAN(Wi-Fi)を飛躍的に拡充
  • 赤羽駅前に大型立体駐輪場を整備し「迷惑駐輪 東京ワースト1位」の汚名返上

教育

実績

400人以上の教員の海外研修を推進

大松は中学生時代、親身に相談に乗ってくれた担任のことが忘れられません。 「良い教員が増えれば、子どもが幸福になる」――この信念のもと、大松は教員の 質向上に全力を尽くしてきました。「教職大学院」を都内5大学まで拡充し、 400人以上の教員を派遣した海外研修制度も積極的に推進してきました。


[エピソード] パラリンピックを応援―トレーニング施設を誘致

2020年の東京五輪・パラリンピックが迫っています。ただ、障がいのある選手が満足に練習できる施設は、まだまだ不十分です。 そうした声を受けた大松は、西が丘のナショナル・トレーニングセンターの向かいの都有地に、 障がい者選手も活用できる施設を誘致するよう主張。 これにより、最先端のスポーツ医科学に基づいたトレーニングも可能な施設が2019年度中に完成します。 再び北区からたくさんの感動が生まれるのです。
※北区スポーツ大使でアテネバラリンピック金メダリストの高橋勇市さん{右)と懇談する大松あきら

大松あきら ひとくち実績

都民相談2万5000件 大松あきらが3期12年で実現した主な実績を紹介します

子育て支援

  • 全国でもいち早く、中学3年生までの医療質無料化と高校3年生までの入院費無料化も実現
  • 東京北医療センターの24時間小児救急を実現。院内に病児・病後児保育の砿充も
  • 都有地活用で認可保育園などを増設し、2017年7月までに保育所の定員を約1000人増

防災・安全

  • 岩淵水門や区内の橋の耐震補強を実現
  • 区内の小中学校、商店街に防犯カメラを設置
  • 富士見銀座商店街を抜げた環七に面した横断歩道の青信号を3秒延長
  • 赤羽旧カルビー本社前に音声付を横断歩道の設置決定

福祉・教育

  • 発達障がいなどで「読み」が不得意な児童・生徒向けに、デジタル教科書の導入を促進
  • 公立中学・高校の外国語教員に対する海外派遣事業を導入

医療・高齢者支援

  • 北区内に11カ所目の特別養護老人ホームを誘致
  • 70歳以上の高齢者に発行するシルパーパスを存続
  • 東京北医療センター、花と森の東京病院の存続と、明理会中央総合病院を誘致